担当者 ohta  登録日時 2017/4/24 10:02 (779 ヒット)

 
                      
一般社団法人
日本設備管理学会



平成
29度 春季研究発表大会

テーマ :実践!IoTを活用したスマートメンテナンス

参加募集のご案内

 

会長    奥村 進

実行委員長 松本 俊之
 

春季研究発表大会・見学会を下記のとおり開催致しますので,ご参加下さいますようご案内申し上げます.  
*開催案内ここからダウンロード        

 *オンライン参加申込みは停止します。当日,受付にて参加申込みの程お願いいたします。

 

1.研究発表大会                               

 

日時: 201761日(木)
         
1050分〜1800
    (845分から受付開始)

 

場所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス                                                         

63号館2階(東京都新宿区大久保3-4-1           

・地下鉄東京メトロ(副都心線)西早稲田駅 

 出口3(早大理工方面口)はキャンパスに直結             

・JR山手線,西武線,東京メトロ(東西線) 

 「高田馬場駅」より徒歩約15 

http://www.sci.waseda.ac.jp/access/ 

 

特別講演 

  『中小企業のIoT化』 

  ()デンソー 生産革新センター エグゼクティブダイレクター 

  早稲田大学大学院創造理工学研究科 客員教授 

小島 史夫 氏

 

日産自動車(株)車両生産技術本部 プラント・メンテナンスエンジニアリング部 

小林 洋 氏

 

招待講演 

  MZ プラットフォーム:中小製造業のIT 化支援からIoT 化応用へ』 

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 製造技術研究部門 主任研究員 

古川 慈之 氏

 

 懇親会
日 時:2017年6月1日(木) 18時00分〜 場 所:早稲田大学 63号館1階ホール
 
2.見学会
日 時:2017年6月2日(金)9時半〜13時 ※集合場所等の詳細は、参加申込受付後に個別にご連絡
見学先:『富士電機(株) 東京工場』
〒191‒8502 東京都日野市富士町1番地 URL: http://www.fujielectric.co.jp/
※ 同業社(者)のお申し込み(ご参加)は、お断りさせていただいております。

3.参加費用

会員種別

大会参加費*

見学会参加費**

正会員・賛助会員

10,000円 

3,000

(大会参加者に限る)

max20名様:申込み順)

学生会員・研究室会員・学生

1,000円 

協賛団体会員

10,000円 

一般(上記以外)

11,000円 


*
学生の方は,当日までに入会申し込みをしていただくことを前提に,学生会員として扱います

   * 共催・協賛団体の方も正会員と同額といたしますので,是非,お誘い合わせ下さい.

   * ささやかな懇親会を用意していますので,是非ご参加下さい(懇親会費は無料です).

   ** 見学会は事前申込が必要で,当日申込はございません.人数制限がありますので,早めにお申込下さい。

協賛(依頼中):日本プラントメンテナンス協会,日本保全学会

 

 

 

   

4.申込方法:

学会ホームページ(http://www.sopej.jp/)からオンラインでお申込み頂くか,参加申込書の電子ファイルをダウンロードして頂いて,必要事項をご記入の上,学会事務局にE-mailの添付ファイル,もしくは郵送またはファックスでお送りください.
               *参加申込書ここからダウンロード

 

送付先:461-8580名古屋市東区白壁三丁目1213中産連ビル新館2
           日本設備管理学会事務局 研究発表大会係
           TEL: 052-931-7077,  FAX: 052-931-5195, E-mail: sopej@chusanren.or.jp 
 

申込締切:2017522()  日参加も受付けますが,なるべく事前にお申し込みください.
 

 <その他>

・参加申込を受付後,請求書をお送りいたします.

・予稿集は当日受付にてお渡しします(予稿集は残部がある場合に限り大会終了後頒布いたします).

 

開始時間 09時00分
定員数 100人


6月1日(木)春季研究発表大会概要 

 

A会場

B会場

C会場

企業PR

(63号館 03会議室)

(63号館 04会議室)

(63号館 05会議室)

(63号館2階通路)

8:45

受付 (63号館2 02会議室前付近)

9:009:50

 

 

【理事会】

 

10

(休憩)

 

10:0010:50

【社員総会】
(
代議員&理事)

 

 

 

10

(休憩)

 

11:0011:40

A-1 一般講演
(
設備技術)

B-1 一般講演
(
製造技術)

【総務財務委員会】
【理事会】

 

50

昼食

 

12:3013:30

【特別講演】

 

企業PR
コーナー

10

(休憩)

 

13:4013:50

【ものづくり大賞・論文賞 表彰式】

 



13:5014:50

【招待講演】

 

 

10

(休憩)

 

15:0016:00

A-2  OS
(
設備保全)

B-2 一般講演
(
設備経営)

 

 休憩エリア

10

(休憩)

 

16:1016:50

A-3 OS
(
設備保全)

B-3  OS
(
就労支援・教育)

 

 

10

(休憩)

 

17:0018:00

A-4 一般講演
(
人材・教育)

B-4  OS
(
就労支援・教育)

 

 

 

18:10

懇親会:63号館1

           

A会場】

11:0011:40

A-1 一般講演 (設備技術)         

 A-1.1 物理モデルを用いた回転軸系の動的挙動の解析
川合 忠雄(大阪市立大学),新家 誠広(大阪市立大学),橋本 武志(三木プーリ)

 A-1.2 HAST試験を実施したLED電球の劣化数理モデルの構築唐 寛,奥村 進,橋本 宣慶(滋賀県立大学)

12:3013:30

特別講演                  

 『中小企業のIoT

  ()デンソー 生産革新センター 

  早稲田大学大学院創造理工学研究科 小島 史夫 氏

日産自動車(株) 車両生産技術本部 小林 洋 氏
<概要>

 昨今のドイツのIndustrie 4.0を始めとするIoT活用技術の開発状況を考慮すると、それに対抗する日本企業の生産性向上、品質向上のためのインフラとしてのプラットフォームの開発の必要性が高くなっている. 特に、中小企業に於いては独自で開発することが困難な点もあり、中小企業向けのプラットフォーム開発が、生産性に加え関連企業との有機的な連携を取る意味でも必要となってきている.これらの状況を鑑み本学会でも「IoTを活用したスマートメンテナンス研究会」を昨年発足し、本格的に開発、展開活動をスタートした。本講演では取り巻く活動の背景、欧米等のベンチマーク、プラットフォーム戦略、及び直近で実際に中小企業に導入した事例等を紹介する.

 

13:5014:50

招待講演                

  『MZ プラットフォーム:中小製造業のIT 化支援からIoT 化応用へ

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 古川 慈之 氏
<概要>

 中小製造業のIT化支援を目的に産業技術総合研究所(産総研)で開発されたソフトウェア作成ツール「MZプラットフォーム」について紹介する.また,業務のIT化はその延長として近年話題のIoT化とも親和性があるため,MZプラットフォームを用いてユーザ企業で実現されたIT化事例および産総研で取り組むIoT化応用の事例についても紹介する.

15:0016:00

A-2 オーガナイズド・セション (設備保全)      

 A-2.1 コラム形水中ポンプへの電流情報診断技術の適用について
        小林 勇一,平地 一典,田所 登(土木研究所/寒地土木研究所)

 A-2.2 IoT、クラウドコンピューティングへ対応する電流情報量診断システム
劉 信芳,馮 芳(高田工業所)

 A-2.3 転がり軸受の接触面における潤滑状態の観測法
清水 秀真,里永 憲昭(崇城大学),渡邉 孝司,竹川 秀男(D1ケミカル)

 

16:1016:50

A-3 オーガナイズド・セション (設備保全)      

A-3.1 高ノイズ環境下でのバケットエレベータ低速転がり軸受の状態監視・診断法
        太田 博光 (水産大学校),松田 弦也(トクヤマ)町島 祐一(レーザック),福永 哲(宇部興産)
松山 恵也(水産大学校)

A-3.2 回転機械構造系異常の逐次診断法
        柴田 健吾,関 照議,廖 志強,宋 瀏陽,陳山 鵬(三重大学)
 

17:0018:00

A-4 一般講演 (人材・教育)      

 A-4.1 「ものづくり“智恵リンピック”」モデルの就業前若年層への展開に関する有用性と克服課題
丸山 正男(人材育成研究センター)

 A-4.2 モーションキャプチャを利用した機械加工作業シミュレータの訓練効果
        橋本 宣慶(滋賀県立大学)

 A-4.3 IE問題における二極思考的アプローチ
        松本 俊之(青山学院大学)

B会場】

11:0011:40

B-1 一般講演 (製造技術)            

 B-1.1 部品リユースを伴う循環型製品のロット生産システムにおける生産計画法
         藤田 大智,奥村 進,橋本 宣慶(滋賀県立大学)

 B-1.2 ニアドライ方式を用いたチタン合金の旋削加工
        若林 利明(香川大学)

 

15:0016:00

B-2 一般講演 (設備経営)            

 B-2.1 メンテナンス・ストラテジー選択のための多基準評価モデルに関する考察
 鈴木 淳(獨協大学)

 B-2.2 循環型製品の構成部品に関する属性データが最適EOLオプションに及ぼす影響
        西澤 朋宏,奥村 進,橋本 宣慶(滋賀県立大学)

 B-2.3 稼働率を持つマトリクスモデリングによる組立ラインのコストの一考察 
        鈴木 惠大,山田 哲男(電気通信大学)

16:1016:50

B-3 オーガナイズド・セション (就労支援・教育)     

B-3.1 発達障害者の個人特性に応じた支援システムの活用及び普及における支援者の役割
               南部 淳子,小越 咲子(福井工業高等専門学校)

 B-3.2 ディープラーニングを用いた古書点字の認識の試み
                           
南保 英孝,澤田 涼(金沢大学),川邊 弘之,瀬戸 就一,下村 有子(金城大学)

 

17:0018:00
B-4 オーガナイズド・セション (就労支援・教育)

 B-4.1 職場におけるコミュニケーションに関するICT教材の開発とその普及
                        武澤 友広(障害者職業総合センター)

 B-4.2 特例子会社と教育機関の協働による就労支援と次世代技術者の育成に関する調査研究
                        三浦 靖一郎(徳山工業高等専門学校)小越 咲子(福井工業高等専門学校)
                         小越 康宏(福井大学)

 B-4.3 発達障害者の社会性トレーニングシステムの紹介〜表情研究の観点から〜
                       小越 康宏(福井大学),小越 咲子(福井工業高等専門学校)

 【企業PRコーナー】
    数社打診中