担当者 ohta  登録日時 2017/7/27 16:26 (711 ヒット)

 

一般社団法人 日本設備管理学会

平成29年度 秋季研究発表大会

テーマ: 設備管理イノベーションが拓くものづくりの未来

参加募集のご案内

 

                  大会委員長   奥村 進

             大会実行委員長 増田 新

平成29年度秋季研究発表大会・見学会を下記のとおり開催いたしますので,ご参加下さいますようご案内申し上げます。

*平成29年度 秋季研究発表大会プログラム&参加申込書ここからダウンロード

*オンライン参加申込み,ここから

 

1. 研究発表大会

日 時: 2017年11月21日(火)13時00分〜18時20分 (12時15分から受付を開始します)

場 所: ダイキン工業株式会社 テクノロジー・イノベーションセンター(TIC

      大阪府摂津市西一津屋1番1号(淀川製作所内)

       (交通案内: http://www.daikin.co.jp/tic/access/index.html

    JR吹田駅から会場までの送迎バスを用意します(定員に限りあり、申し込み先着順)。希望者は参加申込書の該当欄にてお申し込み下さい。なお、会場に自家用車の駐車スペースはございません。

2. 懇親会

   日 時: 2017年11月21日(火)18時40分開始予定

   場 所: テクノロジー・イノベーションセンター 3F来客食堂

3. 見学会:先着25名まで (要事前申込。大会参加者に限らせて

いただきます。同業者はご遠慮願います。)

日 時: 2017年11月22日(水) 9時00分〜16時00分

見学先: HILLTOP株式会社、オムロン京都太陽株式会社

集合・解散: JR京都駅八条口

4. 参加費(1名様)

会員種別

大会参加費(懇親会費込)

見学会参加費(昼食代込)

正会員・賛助会員

10,000

3,000

大会参加者に限ります。

同業者はご遠慮願います。

学生会員・研究室会員

1,000

協賛団体会員

10,000

上記以外一般

12,000

5.研究発表大会当日の昼食:会場内に飲食スペースがございませんので、各自昼食を取ってからご参加下さい。

6.申込方法:

   参加申込書に必要事項を記入の上、日本設備管理学会事務局に郵送あるいはFAXでお送りいただくか、

   学会ホームページから参加申込書をダウンロードし、記入後、E-mailに添付しお送りください。

   送付先:461-8580名古屋市東区白壁三丁目1213 中産連ビル新館3階

一般社団法人 日本設備管理学会事務局 秋季研究発表大会係

          FAX: 052-931-5195  E-mail:sopej@chusanren.or.jp  TEL: 052-931-7077

          学会ホームページ  http://www.sopej.jp/

7. 申込締切:2017年11月13日()

「その他]

  参加申込を受付後、請求書をお送りいたします。

  予稿集は、当日受付にてお渡しします。残部がある場合に限り、大会終了後頒布いたします。

 

主催:一般社団法人日本設備管理学会  協賛:公益社団法人日本プラントメンテナンス協会(依頼中)


平成29年度 秋季研究発表大会プログラム
 
主 催 
一般社団法人 日本設備管理学会

 11月21日(火) 研究発表大会

12:15〜

 

13:00〜13:05

13:05〜13:45

 

 

 

 

 

13:50〜14:50

 

 

 

 

 

14:50〜15:00

 

15:00〜18:20

 

 

18:40〜

受付 (3階 円形講義室(A会場)前)

 

挨拶 一般社団法人日本設備管理学会 会長 奥村 進 (A会場)

ものづくり大賞 受賞記念講演 (A会場)

「楽しくなければ仕事じゃない」

     〜HILLTOPシステムが支える企業変革〜

HILLTOP株式会社

   代表取締役副社長 山本 昌作 氏

 

特別講演 (A会場)

IE&IT ソリューションによる現場革新

パナソニック株式会社 生産技術本部

スマートマニュファクチャリング推進室 主幹技師 荒井 直人 氏

設計・製造プロセス革新センター 課長 横田 忠男 氏

 

休憩

 

一般講演 (A,B,C会場)

 ※ 以下のセッションプログラムを参照願います

 

懇親会 (3階 来客食堂)

 

企業PR展示コーナー

(3階 知の森)

 

準備 11:00〜

 

展示 12:00

     〜17:30

 

                              やむを得ぬ諸事情により変更する場合がございます。

 11月22日(水) 工場見学会

見学先:HILLTOP株式会社
 

2016年度日本設備管理学会ものづくり大賞受賞企業であるHILLTOP株式会社様(20144月に山本精工株式会社から社名変更)は、アルミ加工のプロフェッショナルとして一品試作から製品開発までを手がける大変ユニークな企業です。早くから生産プロセス管理の徹底したIT化に取り組み、その結果生み出された「HILLTOPシステム」は、多品種・単品・24時間無人加工を実現するとともに同社の自由な社風の基盤ともなっており、さまざまな企業内変革や海外への急速なビジネス展開を支えています。今回の工場見学では、同社の「夢」が結実する本社工場の、現在も進化を続ける姿を見学いただきます。
 

見学先:オムロン京都太陽株式会社

オムロン京都太陽株式会社様は、オムロン株式会社と社会福祉法人太陽の家が共同出資し1985年に設立した障がい者の雇用の実践と拡大を支援するものづくり企業です。同社は、「企業は社会の公器である」というオムロンの企業理念のもと、障がい者が働きやすい環境づくりを追求するオムロンの特例子会社として、ソケット、光電センサー、健康器具などの生産に取り組んでいます。さまざまな自動化技術を駆使した生産ライン、生産革新活動の取り組み、そして徹底3Sなど、多くの活動を現場にて推進されています。なお、同社は2010年度日本設備管理学会ものづくり大賞も受賞されています。
 

集合時間:  平成291122日(水)午前9:00(バス出発9:20

集合場所:  京都駅八条口(ご参加者には,秋季大会当日,案内を差し上げます。)

参加費・定員:3,000円(昼食代含む),先着25名(秋季大会参加者に限らせていただきます。

参加が多数の場合は1社1名とさせていただきます。同業者はご遠慮願います。)


開始時間 10時00分
定員数 100人

 

一般社団法人日本設備管理学会「平成29年度 秋季研究発表大会」セッションプログラム

時間

A会場(3階円形講義室)

B会場(1階第1会議室)

C会場(1階第2会議室)

企業PR展示

15:00

 

 

 

15:20

A-1 <一般講演> 

A1.1 [設備管理]

油圧機器の予知保全化技術開発(その1)

河田 健一、斉藤 豊(ダイキン工業(株))

B-1 <オーガナイズドセッション> 

B1.1 [知能技術の応用研究]

遺伝的アルゴリズムによるナーススケジューリングシステムの開発

小野里 拓也、井田 憲一(前橋工科大学)

C-1 <一般講演> 

C1.1 [設備経営]

環境配慮型製品におけるリユースユニットの物理寿命設計

中村 優里、奥村 進、橋本 宣慶(滋賀県立大学)

 

 

15:20

 

 

 

15:40

A1.2 [設備管理]

油圧機器の予知保全化技術開発(その2)

河田 健一、斉藤 豊(ダイキン工業(株))

B1.2 [知能技術の応用研究]

Parallel Multi-objective Genetic Algorithm with pyCUDA for Train Scheduling

Krisanarach Nitisiri(東京理科大学)、玄 光男((財)ファジィシステム研究所)、大和田 勇人(東京理科大学)

C1.2 [設備経営]

リユース部品の物理・機能寿命分布がハイブリッド再製造システムの運用に及ぼす影響

林 耕平、奥村 進、橋本 宣慶(滋賀県立大学)

 

15:40

 

 

 

16:00

A1.3 [設備管理]

スマートメンテナンス研究会活動報告#3

小林 洋(日産自動車(株))、小島 史夫((株)デンソー)、高田 祥三(早稲田大学)、陳山 鵬(三重大学)

B1.3 [知能技術の応用研究]

Bioelectric Potential Plant: Estimating People Position using Optimized Weighted Autoregressive model

IMAM TAHYUDIN、南保 英孝(金沢大学)

C1.3 [設備経営]

EVHEVを用いたレアアース・リサイクルシステムの導入効果

黒木 裕士、谷塚 智成、石垣 綾(東京理科大学)、森本 慎一郎((国研)産業技術総合研究所)

 

 

小休憩

 

16:10

 

 

 

 

 

16:30

A-2 <オーガナイズドセッション>

A2.1 [設備保全・診断技術]

周波数領域のヒストグラムの特徴解析による設備状態識別法

宋 瀏陽(三重大学)、富田 優、小林 祐介((公財)鉄道総合技術研究所)、陳山 鵬(三重大学)

B-2 <一般講演> 

B2.1 [設備経営] 

需要変動を考慮した物流倉庫における保管割当の変更方法

小笠原 歩美、石垣 綾、原田 拓(東京理科大学)

C-2 <一般講演> 

C2.1 [設備経営]

製品設計業務のデジタルエンジアリング支援システムの研究開発−バーチャル試作機能を活用して−

木内 正光(城西大学)、鈴木 潤平(青山学院Hicon)、睫鄙辧_躾諭平斉狎鄲膤悄法玉木 欽也(青山学院大学)

 

 

16:30

 

 

 

 

 

16:50

A2.2 [設備保全・診断技術]

周波数領域自己回帰モデルを応用したバケットエレベータ低速転がり軸受の状態監視・診断法

太田 博光(水産大学校)、松田 弦也((株)トクヤマ)、町島 祐一((株)レーザック)、松山 恵也、福井 良輔(水産大学校)

B2.2 [設備経営]

ルート・施設開設コストを考慮した循環型サプライチェーンネットワークのモデル化

石井 美帆、中村 謙吾、山田 哲男(電気通信大学)

C2.2 [教育・その他]

生産システムシミュレータを用いた授業プログラムのための授業設計手法の提案

早川 優人(東京理科大学)、筧 宗徳(福島大学)、日比野 浩典(東京理科大学)、渡邉 一衛(成蹊大学)、中村 昌弘((株)レクサー・リサーチ)

 

 

16:50

 

 

 

17:10

A2.3 [設備保全・診断技術]

異常軸受から離れた場所での計測・診断法

小林 祐介、富田 優((公財)鉄道総合技術研究所)、宋 瀏陽、陳山 鵬(三重大学)

B2.3  [設備経営]

公共交通サービスの顧客満足度と要望に関するアンケート調査研究

中邨 良樹(青山学院大学)、仲田 知弘(国土交通省)、山田 哲男(電気通信大学)

C2.3 [教育・その他]

「ものづくり智恵リンピック」とユニバーサルデザイン考〜ものづくり現場の人材育成〜

丸山 正男(日本設備管理学会)

 

 

 

小休憩

 

17:20

 

 

 

 

17:40

A-3 <オーガナイズドセッション>

A3.1 [設備保全・診断技術]

平歯車に貼付した圧電素子によるかみ合い状態監視に関する基礎研究

野中 昭太、増田 新(京都工芸繊維大学)

B-3 <一般講演> 

B3.1 [製造技術]

設備中心型ラインを変革する改善活動−設備の価値作業に着眼した生産性改善手法−

篠田 正行、内田 耕平(旭硝子(株))

 

 

 

 

 

 

17:40

 

 

 

18:00

A3.2 [設備保全・診断技術]

局所フレキシビリティ行列に基づく柱状構造物基部の損傷推定法

柏木 正至、増田 新(京都工芸繊維大学)

B3.2 [製造技術]

需要の変動パターンと段取時間の違いを考慮した混合品種スケジューリングに関する研究

山崎 学(アクテイブ(株))、石垣 綾(東京理科大学)、筧 宗徳(福島大学)

 

 

 

18:00

 

 

 

18:20

A3.3 [設備保全・診断技術]

弾性流体潤滑条件下における合成油の接触面挙動の観察

清水 秀真、里永 憲昭(崇城大学)、渡邉 孝司、竹川 秀男(D1ケミカル)

B3.3 [製造技術]

通所デイケア施設における数理計画法を用いたリハビリ器具のレイアウト問題

軽部 幸起、山田 哲男(電気通信大学)、睫鄙辧_躾諭平斉狎鄲膤悄、筧 宗徳(福島大学)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やむを得ぬ諸事情により変更する場合がございます。