担当者 ohta  登録日時 2018/3/8 7:41 (1171 ヒット)

   

一般社団法人 日本設備管理学会

            平成30度 春季研究発表大会
         テーマ :IoT時代のメンテナンスビジネス
              参加募集のご案内

会長    奥村 進
                             実行委員長 松本 俊之

 春季研究発表大会・見学会を下記のとおり開催致しますので,ご参加下さいますようご案内申し上げます.



 *参加申込み書 ここからダウンロード         
*春季研究発表大会開催案内&プログラムここからダウンロード                                                           

1.研究発表大会                                 

日時: 201867日(木)

     1100分〜1810

    850分から受付開始)

    場所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス                                                       

63号館2階(東京都新宿区大久保3-4-1         

・地下鉄東京メトロ(副都心線)西早稲田駅

 出口3(早大理工方面口)はキャンパスに直結           

・JR山手線,西武線,東京メトロ(東西線)

 「高田馬場駅」より徒歩約15

http://www.sci.waseda.ac.jp/access/ 

特別講演

  『設備管理のためのIoTデータの活用と分析システム構築を加速するプラットフォーム』

  ()株式会社 日立製作所 研究開発グループ リーダ主任研究員

鈴木 英明 氏
 

招待講演

  IoT時代における新規マーケット展開へ向けた、ものづくりのための既存技術の水平展開』

青山学院大学 理工学部 経営システム工学科 准教授

栗原 陽介 氏

 
懇親会

日 時:201867日(木) 1820分〜 場 所:早稲田大学 63号館1階ホール

 
2.見学会

日 時:201868日(金10時〜13※集合場所等の詳細は、参加申込受付後に個別にご連絡

見学先:『株式会社 日立製作所 ITプラットフォーム事業本部 神奈川事業所 』

     http://www.hitachi.co.jp/products/it/server/portal/factory/

259-1392 神奈川県秦野市堀山下1番地

※ 同業社(者)のお申し込み(ご参加)は、お断りさせていただいております。

 

3.参加費用

会員種別

大会参加費*

見学会参加費**

正会員・賛助会員

10,000円 

3,000

(大会参加者に限る)

max20名様:申込み順)

学生会員・研究室会員・学生

1,000円 

協賛団体会員

10,000円 

一般(上記以外)

11,000円 

 * 学生の方は,当日までに入会申し込みをしていただくことを前提に,学生会員として扱います

 * 協賛団体の方も正会員と同額といたしますので,是非,お誘い合わせ下さい.

 * ささやかな懇親会を用意していますので,是非ご参加下さい(懇親会費は無料です).

 ** 見学会は事前申込が必要で,当日申込はございません.人数制限がありますので,早めにお申込下さい.

協賛(依頼中):日本プラントメンテナンス協会,日本保全学会


4.申込方法:
学会ホームページ(http://www.sopej.jp/)からオンラインでお申込み頂くか,参加申込書の電子ファイルをダウンロードして頂いて,必要事項をご記入の上,学会事務局にE-mailの添付ファイル,もしくは郵送またはファックスでお送りください.
送付先:461-8580 名古屋市東区白壁三丁目1213 中産連ビル新館3階
 日本設備管理学会事務局 研究発表大会係
    TEL: 052-931-7077, FAX: 052-931-5195, E-mail: sopej@chusanren.or.jp

申込締切:2018525()  日参加も受付けますが,なるべく事前にお申し込みください.
<その他>
・参加申込を受付後,請求書をお送りいたします.

・予稿集は当日受付にてお渡しします(予稿集は残部がある場合に限り大会終了後頒布いたします).
 

6月7日(木)春季研究発表大会概要


 

開始時間 10時00分
定員数 100人

A会場】

11:0011:40

A-1 一般講演 (設備管理・教育)            

A-1.1 振動モード解析を用いた橋梁の洗掘評価手法に関する研究

           川合 忠雄,石澤 雅隆(大阪市立大学)

 A-1.2  UD視座による設備管理技術研究〜ものづくり人材育成研究の活性化
            丸山 正男(人材育成研究センター)

 

  

12:2013:20

特別講演                

 『設備管理のためのIoTデータの活用と分析システム構築を加速するプラットフォーム』

       ()日立製作所 研究開発グループ リーダ主任研究員 鈴木 英明 氏

 <概要>

 高度成長期のレガシーが一斉に寿命を迎え始めた現在,社会インフラの維持管理においてIoTが果たすべき役割は非常に大きい.熟練者が次々とリタイアする中で設備保守のノウハウが失われつつあり,一方でグローバル化の進展とともに海外展開にも対応する必要が出ている.現在,データサイエンティストは世界中で不足しており,データ活用のためのアナリティクス人財を確保することは難しいため,データの分析モデルを効率良く開発・運用するためのプラットフォームが必要である.本講演では,様々なIoT事例とともに,設備の異常検知を例に分析モデルをプログラムレスで構築するツールについて活用事例を交えて紹介する.

 

13:4014:40

招待講演                

  IoT時代における新規マーケット展開へ向けた、ものづくりのための既存技術の水平展開

青山学院大学 理工学部 栗原 陽介 氏

 <概要> 

 ものづくりを行う中小企業では、IoT時代の新規マーケット展開において新技術やデバイスを、いかに資金と時間をかけることなく効率的に開発するかを検討することが重要な課題である.効率的に技術、デバイスを開発する方法として、ゼロから技術開発をするのではなく、既に市場に流通している技術やデバイスに着目し、その基本原理に立ち返り付加価値を付けることで新たな目的の製品として開発する手法がある.本講演では、既存デバイスとして安価なコンデンサマイクロフォン、圧電セラミックを対象とし、さまざまな分野へ応用展開する事例を紹介する.

 

14:5015:50

A-2 オーガナイズド・セション (設備診断)

 A-2.1 スマートメンテナンス研究会活動報告#4
             小林 洋 (日産自動車),小島 史夫(デンソー),高田 祥三(早稲田大学),陳山 鵬(三重大学)

 

A-2.2 スマート設備状態監視・診断システム
        陳山 鵬,宋 瀏陽(三重大学),富田 優,小林 祐介(鉄道総研)

 A-2.3 予防保全のためのモニタリング機器の導入を考慮した点検方式決定法

久保木 宣喬,高田 祥三,長谷 美優(早稲田大学)

 

16:0017:00

A-3 オーガナイズド・セション◆(設備管理)

A-3.1 転がり軸受の損傷に与える潤滑油新還元添加剤(SOD-1PN)の効果に対する考察
                   河野 裕典,里永 憲昭(崇城大学)渡邊 孝司(D1ケミカル)竹田 雄祐(崇城大学),園田 智之(D1ケミカル)

 A-3.2 多変量情報理論を用いた歯車装置の状態診断
                                                    劉 信芳,馮 芳(高田工業所),豊田 利夫(日本診断工学研究所)

 A-3.3 回転機械を対象とする音響診断高精度化に関する一考察
                                                  太田 博光,椎木 友朗,渡邉 敏晃,徳永 憲洋,中村 誠(水産大学校)

 

17:1018:10
A-4 オーガナイズド・セション (設備管理)
A-4.1 水素燃料電池船の振動特性
福井 良輔,太田 博光(水産大学校),高橋 竜三,三好 潤,溝口 弘泰(水産工学研究所)
 
A-4.2 振動クラウド管理システムの構築 <手作りで安価なIoTの構築>
                                                  江本 二郎,八若 泰弘,三田 真也,原田 恭平(三菱ケミカル)
A-4.3 軸受フレーキング異常の知的診断法
                                                  宋 瀏陽,水嶋 唯斗,太田 美果子,陳山 鵬,米倉 雄治 (三重大学)

B会場】
11:0011:40
B-1 一般講演 (福祉と経営)
B-1.1 認知機能障害者の認知機能の評価と支援技術をつなぐための研究戦略
                                                                         武澤 友広(障害者職業総合センター)
B-1.2 特例子会社における精神障がいのある人の雇用管理事例
伊津見 一彦(サンキュウ・ウィズ),武澤 友広(障害者職業総合センター)
 
14:5015:50
B-2 一般講演 (設備経営)
B-2.1 環境配慮型製品におけるリユースユニットの物理寿命設計 −リユース判断基準の影響−
                                                       中村 優里,奥村 進,橋本 宣慶(滋賀県立大学)

B-2.2 リユース部品の物理・機能寿命がハイブリッド再製造システムの運用に及ぼす影響
−需要量の変化による影響−

                                                      林 耕平,奥村 進,橋本 宣慶(滋賀県立大学)
B-2.3 高齢者デイケア施設におけるスタッフの身体的負荷の調査とスケジューリング
松本 諒平,軽部 幸起,山田 哲男(電気通信大学),高野倉 雅人(神奈川大学)
 
16:0017:00
B-3一般講演 (設備経営)

B-3.1 製品設計業務におけるデジタルエンジニアリングの適用に関する研究
−組立順序図作成業務を対象として−

                                                             木内 正光(城西大学),玉木 欽也(青山学院大学)

B-3.2 多工程持ち作業における生産性向上と品質管理を目的とする情報システムの開発
−デジタルマニュアルによる生産指示と目視相当検査のシステム化−

                                                             荒川 雅裕,松田 佳大,鈴木 渉(名古屋工業大学),今岡 太一(LIXIL)
B-3.3 情報マネジメントシステムの多基準評価モデルに関する考察
                                                              鈴木 淳(獨協大学)
 
17:1018:10
B-4 オーガナイズド・セション (農業と経営)
B-4.1 輪作を考慮した作付計画の意思決定支援システムの開発
                                                             松本 俊之,木村 優希,肥田 拓哉(青山学院大学)
B-4.2 分散圃場における輪作計画支援システムの開発
                                                             那須 泰貴,肥田 拓哉,松本 俊之(青山学院大学)
B-4.3 ウェアラブル端末を用いた農作業記録システムの開発
                                                             肥田 拓哉,小山 拓樹,松本 俊之(青山学院大学)

【企業PRコーナー】
数社が出展予定