担当者 ohta  登録日時 2018/10/11 11:02 (602 ヒット)

 

一般社団法人 日本設備管理学会

平成30年度 秋季研究発表大会

参加募集のご案内

 

           大会委員長   眦 祥三

           大会実行委員長 太田 博光

平成30年度秋季研究発表大会・見学会を下記のとおり開催いたしますので,ご参加下さいますようご案内申し上げます。
                   28日の見学会情報を掲載しています。「3.見学会」をご覧ください。                                

1. 研究発表大会

日 時: 2018年11月27日(火)10時40分〜17時10分 (9時50分から受付を開始します)

場 所: 西日本総合展示場新館 AIM3階 会議室

 

福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1

JR小倉駅より徒歩約10分

           (交通案内http://convention-a.jp/access/ )

企業PR展示コーナー AIM3  E展示場 
出展企業10社  株式会社イージーメジャー,(株)エステック21,九州インターテック,九州リオン株式会社,
サイエンスソリューションズ株式会社,スペクトリス株式会社,株式会社 高田工業所,
中山水熱工業株式会社,日鉄住金テックスエンジ(株),富士電機株式会社
  

2. 懇親会

   日 時: 2018年11月27日(火)17時40分開始予定

   場 所: ミクニワールドスタジアム北九州 3階ラウンジ  

 

福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-33

研究発表大会会場より徒歩約5分

         (交通案内http://www.kitakyushu-stadium.jp/ )

 

3. 見学会:先着25名まで (要事前申込。大会参加者に限らせて

いただきます。同業者はご遠慮願います。)

日 時: 2018年11月28日(水) 8時30分〜16時00分 
    
*貸切バスはJR小倉駅北口 観光バス駐車場に8時10分に配車されます。
    
*15時30分から16時00分にはJR小倉駅で解散予定。

見学先: TOTO株式会社, 株式会社 安川電機

集合・解散: JR小倉駅北口

*28日のTOTO株式会社,安川電機株式会社の見学会参加者はここから当日の
スケジュールをダウンロードして下さい。 

4. 参加費(1名様)

会員種別

大会参加費

見学会参加費(昼食代込)

正会員・賛助会員

10,000

3,000

大会参加者に限ります。

同業者はご遠慮願います。

学生会員・研究室会員

1,000

協賛団体会員

10,000

上記以外一般

12,000


5.申込方法:

   参加申込書に必要事項を記入の上、日本設備管理学会事務局に郵送あるいはFAXでお送りいただくか、

   学会ホームページから参加申込書をダウンロードし、記入後、E-mailに添付しお送りください。

   送付先:461-8580名古屋市東区白壁三丁目1213 中産連ビル新館3階

一般社団法人 日本設備管理学会事務局 秋季研究発表大会係 

          FAX: 052-931-5195  E-mail: sopej@chusanren.or.jp  TEL: 052-931-7077

          学会ホームページ  http://www.sopej.jp/
                        
               
  *開催案内&参加申込書ここからダウンロード

                  *オンライン参加申込みここから

 

7. 申込締切:2018年11月12日()

「その他]

  参加申込を受付後、請求書をお送りいたします。

  予稿集は、当日受付にてお渡しします。残部がある場合に限り、大会終了後頒布いたします。

 

主催:一般社団法人 日本設備管理学会  

協賛:(公社) 日本プラントメンテナンス協会, 高圧ガス保安協会,  北九州市, (公財)北九州コンベンション協会


平成30年度 秋季研究発表大会プログラム

 

主 催 一般社団法人 日本設備管理学会

 

11月27日(火) 研究発表大会

 

9:50〜
 
10:40〜10:45
10:45〜11:25
 
 
 
 
 
11:30〜12:30
 
 
 
 
12:30〜13:30
 
13:30〜17:10
 
 
17:40〜
受付 AIM3階 314+315会議室(A会場)前)
 
挨拶 一般社団法人日本設備管理学会 会長 田 祥三 (A会場)
ものづくり大賞 受賞記念講演(A会場)
「大ロットの自動車部品、究極の小ロット多品種工具・金型コーティング  日本アイ・ティ・エフ 生き生きと働ける職場づくりご紹介」
日本アイ・ティ・エフ株式会社    久世(くぜ)工場 
工場長土屋 宏之 氏
 
特別講演(A会場)
産業用ロボットにおけるメンテナンスの現状
安川エンジニアリング株式会社

ロボット統括部 ロボット事業推進部  部長 山口 俊孝 氏

 
昼食休憩
 
一般講演 (A,B,C会場)
 ※ 以下のセッションプログラムを参照願います
 
懇親会ミクニワールドスタジアム北九州 3階ラウンジ
 
 
企業PR展示コーナー
AIM3階   E展示場)
 
準備9:00〜
 
展示 10:00
     〜16:40
 片付け 16:40〜

 

   やむを得ぬ諸事情により変更する場合がございます。
11月28日(水) 工場見学会

 

見学先: TOTO株式会社 本社 (北九州市小倉北区中島2−1−1)
TOTO株式会社(トートー)は、衛生陶器・住宅設備機器を製造する代表的なメーカーとして知られています。国内では、トイレ洗面器などの衛生陶器で約6割のシェアを占めており、これは国内第1位であることが知られています。技術面では、ウォシュレットのほかにも、便器の汚れを効果的に落とす「トルネード洗浄」、お湯がさめにくい「魔法びん浴槽」など意欲的に取り組み、各賞受賞商品も数多いことで知られています。今回、衛生陶器等を生産している「小倉第一工場」と2017年に創立100周年記念事業で開設された「TOTOミュージアム」を見学頂けます。

 

 
見学先: 株式会社 安川電機 本社 (北九州市八幡西区黒崎城石2−1
株式会社 安川電機は、1915年に設立された福岡県北九州市にて本社を置く、産業用ロボットなどメカトロニクス製品の製造を行うメーカーであることは皆様、御存知の通りです。メカトロニクスという言葉自体、安川電機の技術者が作り上げたものとして知られています産業用ロボットでは世界シェア第4位を占めており、その製品、技術によって時代の先端産業を支えてきました。今回、本社に隣接する「安川電機みらい館」と「ロボット組立工場」を見学することができます。

         集合時間:  平成301128日(水)午前8:15(バス出発8:30) ,15:30から16:00にJR小倉駅北口で解散予定

         集合場所:  JR小倉駅北口 観光バス駐車場 (ご参加者には,秋季大会当日,案内を差し上げます。)

         参加費・定員:3,000円(昼食代含む),先着25名(秋季大会参加者に限らせていただきます。

                    参加が多数の場合は1社1名とさせていただきます。同業者はご遠慮願います。)



 



 

 

開始時間 09時30分
定員数 150人

 一般社団法人 日本設備管理学会「平成30年度 秋季研究発表大会」セッションプログラム

 

時間

A会場(3314,315会議室)

B会場(3313会議室)

C会場(3312会議室

企業PR展示

13:30

 

 

 

 

13:50

A-1 <オーガナイズドセッション> 

A1.1 [化学・石油精製プラントの 保安事故防止]

化学・石油精製プラントの保安事故防止システムの構造の提案

松山 久義(九州大学名誉教授)

B-1 <一般講演> 

B1.1 [設備経営]

在庫上限制約のある多期間在庫運搬経路問題における積み替えオプション導入の効果

大島 寛生、黒木 裕士、石垣 綾(東京理科大学)

C-1 <オーガナイズドセッション> 

C1.1 [製造工程のICTIoT化の取組]

多工程作業に対するICTIoTシステムの構築― 作業設計の基づくシステムのモジュール化とシステム設計 ―

荒川 雅裕(名古屋工業大学)

 

機器展示10:00

13:50

 

 

 

14:10

A1.2 [化学・石油精製プラントの 保安事故防止]

リスクアセスメントにおいてHAZOPを用いるときの注意点

松山 久義(九州大学名誉教授)

B1.2 [設備経営]

学習を考慮したオーダーピッキングにおける需要適応型保管割当の決定

小笠原 歩美、石垣 綾、安井 清一(東京理科大学)

C1.2 [製造工程のICTIoT化の取組]

多工程作業に対するICTIoTシステムの構築― 生産性向上を目的としたライン・バランシング評価 ―

鈴木 万裕、鈴木 敦貴、石田 健祐、松田 佳大、荒川 雅裕(名古屋工業大学)

 

14:10

 

 

14:30

A1.3 [化学・石油精製プラントの 保安事故防止]

異常時対応操作実行時の誤操作発生の原因と誤操作防止対策

松山 久義(九州大学名誉教授)

B1.3 [設備経営]

スマートメンテナンス研究会活動報告#5

小林 洋(日産自動車株式会社)、小島 史夫((株)デンソー田 祥三(早稲田大学)、陳山 鵬(三重大学)

C1.3 [製造工程のICTIoT化の取組]

多工程作業に対するICTIoTシステムの構築― 作業の効率化のための部品のキット供給システムの開発 ―

石田 健祐、鈴木 敦貴、鈴木 万裕、松田 佳大、荒川 雅裕(名古屋工業大学)

 

14:30

 

 

 

14:50

A1.4 [化学・石油精製プラントの 保安事故防止]

異常状態が事故に発展することを防止するための保安設備に潜む危険源の探索と対策

松山 久義(九州大学名誉教授)

C1.4 [製造工程のICTIoT化の取組]

多工程作業に対するICTIoTシステムの構築― 画像処理による作業確認システムの開発 ―                           

松田 佳大、荒川 雅裕(名古屋工業大学)

 

 

小休憩

15:00

 

 

 

15:20

A-2 <オーガナイズドセッション>

A2.1 [設備管理]

フィールドバス対応型自動調節弁における計装用空気漏れの影響解析

中原 貴志、木村 直樹、井上 元、柘植 義文(九州大学大学院)

B-2 <オーガナイズドセッション> 

B2.1 [設備保全・診断技術] 

化学工場における設備トラブルや故障の実例と理論(メカニズム)

高橋 弘一、石倉 修(宇部興産株式会社)

C-2 <一般講演> 

C2.1 [教育・その他]

IoT導入を促進するものづくり人材育成の方向性考察

丸山 正男(日本設備管理学会 人材教育センター)

 

15:20

 

 

 

15:40

A2.2 [設備管理]

フィールドバス対応型自動調節弁における計装用空気漏れの検出法の検討

中原 貴志、木村 直樹、井上 元、  柘植 義文(九州大学大学院)

B2.2 [設備保全・診断技術]

ディープラーニングによる設備診断法

− SAE法による低速軸受精密診断 −

唐 海紅、廖 志強(三重大学)、宮崎 修治、松尾 大輔(三菱ケミカル株式会社)、陳山 鵬(三重大学)

C2.2 [教育・その他]

「“強いものづくり”は“優しいものづくり”」をめざすものづくり体質改善・革新ツールの研究
丸山 正男(
日本設備管理学会 人材教育センター)

 

15:40

 

 

 

16:00

A2.3 [設備管理]

大規模プラントにおけるPCA-MSPCを用いたプロセス制御系の異常検知・診断

有田 佳織、木村 直樹、井上 元、柘植 義文(九州大学大学院)

B2.3  [設備保全・診断技術]

弾性流体潤滑条件下における新還元添加剤(SOD-1PN)の挙動と高圧粘性にかかわる考察

城戸 祥成、里永 憲昭、竹田 雄祐(崇城大学) 、渡邉 孝司、園田 智之(D1ケミカル)

 

 

 

小休憩

16:10

 

 

 

16:30

A-3 <一般講演>

A3.1 [製造技術・設備管理]

ニアドライ方式を用いたチタン合金の旋削加工におよぼすクーラントミストの効果、

若林 利明(香川大学)

B-3 <オーガナイズドセッション> 

B3.1 [設備保全・診断技術]

トクヤマにおける設備診断の取組み

森 圭史(株式会社トクヤマ)

 

 

 

 

 

16:30

 

 

16:50

A3.2 [製造技術・設備管理]

作業の自動化難易度を考慮したハイブリッド組立ラインの設計事例

宮内 (株式会社 東芝)、山田 哲男(電気通信大学)

B3.2 [設備保全・診断技術]

電流情報量クラウド監視・診断システムの構築

劉 信芳、馮 芳、須本 賢太朗(株式会社高田工業所)

 

 

 

 

機器展示16:40

16:50

 

 

 

17:10

A3.3 [製造技術・設備管理]

液冷却装置が有する情報の活用による機械加工設備の劣化診断と生産性向上

河田 健一、斉藤 豊(ダイキン工業株式会社)

B3.3 [設備保全・診断技術]

パラボラ集音マイクロホンと合成波形分離法による動機器の高効率状態監視・診断法  長橋 尚也、太田 博光(水産大学校)、殿明 栄志(株式会社トクヤマ)、山田 雄太、福井 良輔(水産大学校)