担当者 ohta  登録日時 2019/10/15 14:47 (123 ヒット)

 協賛講演会  日本機械学会主催 No.20-4 生産システム部門研究発表講演会2020 参加者募集!

企画 日本機械学会生産システム部門

協賛(予定)  精密工学会,スケジューリング学会,システム制御情報学会,日本ロボット学会,日本工作機械工業会,ものづくりAPS推進機構,日本オペレーションズ・リサーチ学会,日本設計工学会,砥粒加工学会,製造科学技術センター,人工知能学会,化学工学会,計測自動制御学会,日本品質管理学会,自動車技術会,プロジェクトマネジメント学会,日本経営工学会,経営情報学会,日本生産管理学会,日本設備管理学会,FAオープン推進協議会,日本能率協会,IVI(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ),RRI(ロボット革命イニシアティブ),電子情報通信学会

開催趣旨 以下のとおり,生産システム部門研究発表講演会2020を開催いたします.今回は,情報・知能・精密機器部門講演会2020との同時開催となり,一方の参加者が他方の講演会も無料で自由に聴講できる形態となります(他方の講演会の講演論文集もご希望の場合は有料でお求めいただけます).生産システム部門は,様々な分野の方々が参画されていることが特徴の一つとなっておりますが,今回はより一層幅広い視点での活発な議論が見込まれ,今後のご研究の発展につながることが期待されます. 多くの皆様からの研究成果発表のお申込みをお待ちしております.

開催日 2020年 3月 26日(木),27日(金)

会場  東京電機大学 千住キャンパス(東京都足立区千住旭町5番)

タイムテーブル (準備中)

詳細プログラム (準備中)

講演申込締切日 2019年 11月 15日(金)

講演原稿締切日 2020年 1月 17日(金)

特別講演 
「これからが本番、IoTの発展浸透に向けた新技術(仮)」
(情報・知能・精密機器部門研究発表講演会との合同企画)

学生向け企画 
「生産技術の仕事とは?」(大手メーカーのエンジニアが仕事の魅力を語ります!)

オーガナイズドセッション
 OS1. 生産・物流のモデリング・シミュレーションと見える化
 OS2. 生産管理・スケジューリングおよびサプライチェーン
 OS3. 設計・生産プロセスの情報化(CAD, CAM, CNCなど)
 OS4. 生産システムにおける設計・運用・評価および国際展開
 OS5. アディティブ・マニュファクチャリングの生産システム
 OS6. スマートマニュファクチャリング(IoT活用, AI活用, CPPSなど)
 OS7. 企業の開発事例(講演原稿不要)

講演申込方法 
講演申し込みページ (https://www.sasj2.net/MAS/jsmemsd/)にアクセスし,必要事項を記入して申し込み下さい.
一昨年度から講演申し込みおよび講演論文の提出は,Webを通して行っていただくことになりました.E-mailでの受付はいたしませんので,ご承知おきください.

講演者資格 
講演者となることができる人は,当会会員(正員,学生員),または,相互性が確認できる協賛団体の会員に限られます.講演者は参加登録料をお支払いいただきます.相互性の有無については,下記問合せ先までお問い合わせください.

参加登録料 
正員:10,000 円,会員外:15,000 円,学生員:3,000 円,一般学生:6,000円.
いずれも講演論文集(PDF版)を含みます.講演論文集印刷冊子をご希望の場合は,1,000円の追加で1冊購入いただけます.また,本研究発表講演会への参加登録者は 情報・知能・精密機器部門講演会2020の講演資料PDFを1000円で購入できます.情報・知能・精密機器部門講演会2020参加登録者が本部門研究発表講演会の講演論文集(PDF版または印刷冊子)をご希望の場合は,1,000円で購入いただけます.
協賛団体員の参加登録料は上記に準じます.
講演料は参加登録料に含まれますが,一人で2件以上の講演をする場合は,2件目以降の講演に対し1件につき3,000円の追加登録料をお支払いいただきます.
(参加登録料は当日講演会会場受付にて申し受けます.)

部門表彰式・懇親会 
日時:2020年 3 月 26日(木)
講演会参加登録者:無料
その他の方:2,000円

問合せ先  日本機械学会 生産システム部門担当(担当職員:熊谷理香)
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階
電話(03)5360-3503/FAX(03)5360-3508/E-mail:kumagai[アット]jsme.or.jp

 本講演会の詳細はここをクリックして下さい。

 

開始時間 14時00分
定員数 100人