担当者 ohta  登録日時 2019/10/12 10:46 (252 ヒット)

 

35回 FMESシンポジウム 講演会

 

経営工学関連学会協議会(FMES)

 

日時 : 2019123日(火) 1300分〜1610

場所 : 早稲田大学西早稲田(大久保)キャンパス55号館1 2会議室

テーマ: スマートメンテナンスのためのAI応用設備診断

 FMESシンポジウム参加申込み書ここからダウンロード

FEMSシンポジウム開催案内ここからダウンロード

プログラム:

12:0012:45 FMES関係学会 懇談会(昼食)

13:0016:10 講演会(FMES会員は2000円,非会員は3000円,学生は無料)

 

   13:0013:10 開会挨拶 経営工学関連学会協議会(FMES会長

 

     13:1014:00 講演1 

AI技術を生かした知的設備診断技術

             講師:三重大学 陳山

 

     14:1015:00 講演2

小型WiFi振動センサと膨大なデータの分析ツール

AIに利用するデータの整理とAI診断結果の評価への提案−

       講師:中山水熱工業 中山 慎司

 

    15:1016:00 講演3

Digital Twin を用いたAnalytics Based Maintenanceの方法論と事例紹介

             講師:GE Digital Mayoran Majendra

                    

      16:0016:10 閉会挨拶 日本設備管理学会会長

 

主催: 経営工学関連学会協議会(FMES)

共催: 公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 日本経営工学会,

  一般社団法人 経営情報学会, 研究・イノベーション学会, 日本信頼性学会,日本設備管理学会

  一般社団法人 日本品質管理学会, プロジェクトマネジメント学会(順不同)

運営:一般社団法人 日本設備管理学会(35FMES シンポジウム幹事学会)

開始時間 10時00分
定員数 150人
担当者 ohta  登録日時 2019/10/15 13:14 (129 ヒット)

 

第53回 化学工学の進歩講習会「最新情報技術活用によるプロセス産業スマート化
- AI,I
oT,MIの基礎から最前線まで -」 参加者募集!


以下の要領にて協賛講演会が開催されます。 
日程:12月3-4日(火-水)
会場:名古屋市工業研究所
主催:化学工学会東海支部
日時:令和元年12月3日(火),4日(水)
場所:名古屋市工業研究所(名古屋市熱田区六番3-4-41 )第1会議室
交通:地下鉄名港線(金山から名古屋港行)六番町下車,H崕亳より徒歩1分

 

参加申込み等,詳細はここをクリックして下さい

概要:

計算機の高速・大容量化に加えて,膨大で多彩なデータを扱う情報技術の進展は目覚ましく,人間を超えるシンギュラリティーも近いと言われます.将棋やチェスなどのゲームの世界ではすでに人間を凌駕する人工知能が開発されていますが,プロセス産業においても情報技術の活用が始まっています.そこで, AI(Artificial Intelligence),IoT(Internet of Things),MI(Materials Informatics)の基礎から最先端の情報技術(統計的手法,ベイズ推定,ニューラルネット,機械学習等)および活用事例(分子設計や材料設計を含む製品開発,プラントの設計,運転,制御,ソフトセンサー,実験計画等)について,日本を代表する研究者や最先端でご活躍の技術者にわかりやすく解説していただく贅沢な機会を設けました.各企業での業務スマート化に向けて,大いに貢献できる講習会です.多くの方々のご参加を心よりお待ちしております.

 

 

 


 

 

 



開始時間 10時00分
定員数 50人
担当者 ohta  登録日時 2019/10/15 14:38 (168 ヒット)

日本機械学会主催  講習会 生産管理の最新技術を学ぶ(生産計画編)参加者募集!

◆開催日時:2019年12月2日(月) 10:20 〜 17:00

◆主  催:日本機械学会 生産システム部門

◆協  賛(予定):スケジューリング学会、経営情報学会、計測自動制御学会、システム制御情報学会、日本経営工学会、日本生産管理学会、型技術協会、日本金型工業会、日本設備管理学会、精密工学会、日本オペレーションズ・リサーチ学会、人工知能学会電子情報通信学会、日本能率協会、ものづくりAPS推進機構、技術データ管理支援協会、日本鉄鋼協会、中部産業連盟、
名古屋産業科学研究所・中部TLO、名古屋商工会議所

◆趣  旨:
生産管理は、あらためて指摘するまでもなくものづくりを支える重要な役割りを担っています。生産システム部門では、IoT (Internet of Things:もののインターネット)とデジタル・ツインという世の中の動向に合せた生産管理の最新技術や、現場で取り組まれている最新の工夫を知ってもらうため講習会を企画しました。第一弾は、生産計画編です。生産現場の機械をいつ、どのように活用するか、適切な管理を行うことができれば、効率の良いものづくりや仕掛り在庫の削減など、多くのことが期待できます。今回は、AI(Artificial Intelligence:人工知能)を含む情報処理を活用した生産計画の支援技術や、企業の現場での環境整備の取り組みを、この分野を代表する講師の方々にご紹介いただきます。
生産体制の見直しや改善、新たな管理システムの導入など、生産管理の業務に携わる方はもちろん、そうでない方も、多くの皆様の聴講をお待ちしております。
   *参加申込みおよび講演内容はここをクリックして下さい。

 

 

開始時間 10時00分
定員数 100人
担当者 ohta  登録日時 2019/7/19 18:28 (333 ヒット)

 

12月に石川県金沢市で開催される国際会議The 20th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems (APIEMS2019) のご案内です。日本設備管理学会が協賛します。詳細は以下開催案内をご覧ください。

*開催案内ここからダウンロード

開始時間 09時00分
定員数 200人
担当者 ohta  登録日時 2019/10/12 10:29 (809 ヒット)

                                                  一般社団法人 日本設備管理学会

2019年度 季研究発表大会
テーマ:「大学×企業のちから」でものづくりを強化する
〜「自」ら「工程」を「完結」させよう〜
参加募集のご案内
                                                                              長   眦 祥三
                                         実行委員長 嶋崎 真仁

秋季研究発表大会・見学会を下記のとおり開催致しますので,ご参加下さいますようご案内申し上げます. 
2019年度 秋季研究発表大会開催案内ここからダウンロード
2019年度 秋季研究発表大会 参加申込書ここからダウンロード

 

1.日時 20191128日(木)  

1300分〜1730 

1200分から受付を開始します) 

2.場所 秋田県立大学本荘キャンパス共通施設棟 

 015-0055 由利本荘市土谷字海老ノ口84-4 

秋田空港から車で約50 

秋田駅から羽後本荘駅までJRで約45 

羽後本荘駅からバスで5 

http://www.akita-pu.ac.jp/access/index.htm#access 

3.基調講演 

  「生産現場と設備保全に活かすIoT,FA技術」  

愛知機械工業蠍擬萃役 林 重晴 氏 

4.特別講演 

「自工程完結によるものづくり() 

トヨタ自動車蠍亀惨董〆粥耕據≠丹譟〇 

5.懇親会 

 日時:20191128日(木)1830分〜  場所:ホテルアイリス2F 

6.見学会 

 日時:20191129日(金)        930分 羽後本荘駅集合,1300分 羽後本荘駅解散 

 ※集合場所等の詳細は,参加申込受付後に個別にご連絡致します. 

  見学先:TDK(株)歴史みらい館 (秋田県にかほ市) 

7.参加費用 

会員種別

大会参加費*

見学会参加費**

正会員・賛助会員

10,000

2,000(昼食代込)

(大会参加者に限る)

max 18名様:申込み順)

研究室会員・学生会員・学生

 1,000

共催・協賛団体会員

10,000

一般(上記以外)

11,000

 

* 学生の方は,当日までに入会申し込みをしていただくことを前提に,学生会員として扱います. 

* 共催・協賛団体の方も正会員と同額といたしますので,是非,お誘い合わせ下さい. 

* ささやかな懇親会を用意していますので,是非ご参加下さい(懇親会費は無料です). 

** 見学会は事前申込が必要で,当日申込はございません.人数制限がありますので,お早めに申込下さい. 

共催 秋田県立大学

協賛 日本プラントメンテナス協会(依頼中),本荘由利テクノネットワーク

 

 9.申込方法: 

参加申込書の電子ファイルをダウンロードして頂いて,必要事項をご記入の上,学会事務局にE-mailの添付ファイル,もしくは郵送またはファックスでお送りください. 

送付先:461-8580名古屋市東区白壁三丁目1213中産連ビル新館3 

  日本設備管理学会事務局 研究発表大会係 

    TEL: 052-931-7077,  FAX: 052-931-5195,  E-mail: sopej@chusanren.or.jp  

申込締切:20191119()  当日参加も受付けますが,なるべく事前にお申し込みください. 

<その他> 

・参加申込を受付後,請求書をお送りいたします. 

・予稿集は当日受付にてお渡しします(予稿集は残部がある場合に限り大会終了後頒布いたします).

1128日(木)秋季研究発表大会概要

 

 

A会場

B会場

C会場

 

AVホール

K218教室

K333教室

K335教室

 

受付 1階ロビー (受付開始 12:00)

13:0014:00

A-1

B-1

C-1

大会本部

 

 

および

 

 

会員控え室

 

 

(休憩)

14:1015:30

A-2

B-2

C-2

 

(休憩)

15:4017:30

【基調講演】

【特別講演】

  

  

18:30〜     懇親会:ホテルアイリス2F 

 

 

  

見学会 

日 時:1129日(金)930分 羽後本荘駅集合,1300分 羽後本荘駅解散
          (
解散後,希望者を秋田空港までお送りします)
 

 見学先:TDK歴史みらい館(秋田県にかほ市) 

TDK歴史みらい館は、2005年(平成17年)に創業70周年記念事業として、TDKのあゆみをモノづくりの歴史から紹介する「TDK歴史館」として建設されたものです。そして80周年を期に、全面リニューアルを行い「TDK歴史みらい館(英文名称:TDK Museum)」として生まれ変わりました。 

TDKの製品・技術がどのように社会の進化にお役にたってきたのか、さらにこれから訪れる未来社会に対してどのように関わり進化していくのかを、フェライトから始まるTDKの強みである「磁性」を主軸に、映像や体感デモを通して、わかりやすく楽しく体感していただけるものになっております。 

  歴史みらい館について( https://www.jp.tdk.com/museum/about/ )より引用.

 

 

 

 

開始時間 10時00分
定員数 150人
担当者 ohta  登録日時 2019/8/29 8:10 (528 ヒット)


 日本設備管理学会・2019年秋季大会  ご宿泊のご案内

 11月28日,29日  秋田県立大学 本荘キャンパス(秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4)にて
開催されます日本設備管理学会 秋季研究発表大会ですが会場最寄りのホテルである「ホテルアイリス」
にて30名限定でお得なお値段で宿泊ができるようになりましたのでお知らせいたします。

  1128日(木)から1泊・朝食付、6,500/1人で30名限定(11/15までの予約)

   予約時に「日本設備管理学会・秋季大会で宿泊」とお伝えください。

   ※ ホテルアイリス TEL 0184−24−5115

    http://www.hotel-iris.jp/ 

 

 

 

開始時間 08時00分
定員数 30人
担当者 ohta  登録日時 2019/7/19 15:22 (645 ヒット)

 

一般社団法人 日本設備管理学会

2019年度 季研究発表大会

発表募集のご案内
発表申込み期限を9月17日(火)まで延長しました。

大会委員長 眦帖‐融
                                                                                                                         実行委員長 嶋崎 真仁

  

2019年度秋季研究発表大会における一般講演,オーガナイズド・セッションを下記の要領にて募集いたします。
奮ってご応募下さいますようご案内申し上げます。

 

1.  日時: 20191128日(12時〜19時(予定)研究発表会,特別講演会,懇親会

                 1129日(金)830分〜12時(予定)見学会

2.  場所: 秋田県立大学本荘キャンパス(秋田県由利本荘市土谷字海老ノ口84-4

秋田空港から車で約50

秋田駅から羽後本荘駅までJRで約45

羽後本荘駅からバスで5

http://www.akita-pu.ac.jp/access/index.htm#access

 

3.  発表者の資格

発表者,連名者のうち,少なくとも1名が本会,名誉会員,正会員,
または準会員であること。

4.  研究発表申込み方法および締切

研究発表申込書に必要事項をご記入の上,FAX052-931-5195)もしくは
E-mail
sopej@chusanren.or.jpにて,学会事務局へご送付ください。研究発表申込書は,
学会HP
http://www.sopej.gr.jp/からもダウンロードできます。また,3〜4件の発表を
まとめた統一テーマで“オーガナイズド・セッション”をお申込いただくときには,
そのセッションを構成する研究発表の申込書をまとめてご送付下さい。

 *研究発表申込み書ここからダウンロード

なお,プログラム編成の都合上,一般講演あるいは事例・技術報告でお申込頂いた発表を,オーガナイズド・セッションに組み込ませて頂くこともありますので,あらかじめご了解のほど,よろしくお願い申し上げます。

研究発表申込締切      2019831日(土)必着  9月17日(火)まで延長しました。

5.  予稿集原稿提出方法および締切

予稿集原稿は,Wordもしくはpdfファイルの形で学会事務局sopej@chusanren.or.jpE-mailにてお送り下さい。なお,今回から予稿集原稿として,発表時に使用されるパワーポイントのスライドも受け付けます。配布資料(6スライド/ページ)を4ページ以内(白黒)pdfファイルとして下さい。このとき,文字が読める大きさのフォントをご使用下さい。これまでと同様のスタイルで原稿を作成される場合は,原稿作成要領を当会HP (http://www.sopej.gr.jp/) からダウンロードして下さい。

予稿集原稿締切       : 2019930日()必着  10月15日(火)まで延長しました。

6.  募集する「領域」とキーワード

   [設備経営]設備と投資 設備と安全 経済性解析 保全性解析 管理システム 情報システム

          設備と環境・リサイクル・リユース 設備と省エネルギー 設備管理・設備保全の市場動向・分析

   [設備設計]設備設計における性能,製作性,運用性,信頼性,保全性    試作の不良検出,性能チェック

   [製造技術]加工技術   品質管理   生産性   生産システム    据付け・試運転の製造不良改善

   [設備管理]設備管理の組織・要員  設備管理の技法 設備管理技術 設備診断技術(劣化診断,寿命予測)

 設備診断・監視システム  設備信頼性技術

   [設備保全]設備保全の計画・管理  設備保全の進め方と組織  保全形態・方式  自主保全,TPM

          設備故障の管理と補修  設備保全の実施例  設備保全の効果測定と評価

   [教育,その他]設備保全教育  設備管理教育(企業・大学),その他

7.  参加募集(予告)

研究発表大会のプログラム詳細および参加者募集のご案内は,10月発行予定の会誌(第31巻第3号)に掲載しますが,当会ホームページにも10月にはアップする予定です。昨年の秋季の時と同様に,当会ホームページからのオンライン申込,あるいは,参加申込書をE-mailの添付ファイル,郵送またはファックスで受け付ける予定です。

  参加申込締切     : 20191120日(

8.  発表の申込み先と問合せ先

日本設備管理学会 事務局(461-8580 名古屋市東区白壁3-12-13 中産連ビル新館3階) 事務局 樋口

E-mailsopej@chusanren.or.jp  Tel:052-931-7077 Fax052-931-5195

開始時間 09時00分
定員数 150人
担当者 ohta  登録日時 2019/8/19 14:29 (300 ヒット)

 

No. 19-308

第18回 評価・診断に関するシンポジウム


主催 日本機械学会 機械力学・計測制御部門

合同企画 機素潤滑設計部門

共催 日本設備管理学会・日本トライボロジー学会

 

協賛(予定):化学工学会,計測自動制御学会,精密工学会,電気学会,日本原子力学会,日本高圧力技術協会,日本材料学会,日本鉄鋼協会,日本非破壊検査協会,日本プラントメンテナンス協会

 

開催日20191128()1129()

 

会 場:大阪市立大学 学術情報総合センター 10F 大会議室(大阪市住吉区杉本3-3-138

*第18回 評価・診断に関するシンポジウム講演プログラムここからダウンロード

開催趣旨:

日本機械学会,日本設備管理学会,および日本トライボロジー学会では,安全・安心で持続可能な社会のための「評価」「診断」に関心を持つ研究者・技術者が集まり,分野・業種・産官学の垣根を越えて,ニーズとシーズの情報を交換する場を提供することを目的に,標記シンポジウムを開催いたします.

本シンポジウムでは,参加される方々がお互いに技術・学術交流を深めるため,一般講演における質疑・討論をパネルセッション形式で行います.15/件の口頭発表終了後,4件程度をまとめて,別途展示したパネルの前で,参加者との30分程度の質疑・討論をお願いします.関連企業及び大学研究室による機器の展示も歓迎します.詳細は一般講演のプログラム及び「講演者への案内」でご連絡いたします.

「評価,診断,保全,メンテナンス」をキーワードに,多くの研究者・技術者にご参加いただきますよう,ご案内いたします.

 

講演募集分野:非破壊検査,保守検査,異常検知,センサー技術,信号処理,計測,評価,診断,モニタリング,メンテナンス,管理運用,事例紹介

    

講演申込締切日2019826日(月) 9月13日(金)まで延長しました。

 

【重要なお知らせ】講演発表資格について

日本機械学会では,20174月以降に開催される研究発表講演会の講演資格を会員 (または協賛・後援団体のうち,研究発表に関し日本機械学会会員が同等の扱いを受けることが確認できている団体の会員) に限定することになりました.

・「研究発表資格の見直し」と「学生員会費の改定」について

http://www.jsme.or.jp/kaihi/minaoshi/kanren.html

 

これにともない,2017年より本シンポジウムの登壇者は次の方に限ります.

1.日本機械学会の個人会員・学生員(特別員資格では不可となります)

2.共催団体(日本設備管理学会・日本トライボロジー学会)の会員

(日本設備管理学会は,研究室会員含む)

3.協賛団体のうち,研究発表に関し日本機械学会会員が同等の扱いを受けることが確認できている下記団体の個人会員

計測自動制御学会,精密工学会,電気学会,日本非破壊検査協会

上記に当てはまらない方で登壇予定の場合は,お早めに「入会手続」と「入会金・会費のご送金」をお済ませください.

(入会申込はこちらからhttps://www.jsme.or.jp/member/register-application/individual-member/

 

講演申込方法

次の要領にて必要事項をEメールで下記の申込先までお送りください.なお,詳細は「診断・メンテナンス技術に関する研究会」のホームページをご参照ください.

ホームページアドレス: http://diagnosis.dynamics.mech.eng.osaka-cu.ac.jp/

(1)講演題目,(2)要旨(200字程度),(3) 著者名(登壇者は名前の前に○印),(4) 勤務先,(5)登壇者の所属学協会,(6)登壇者の会員番号,

(7)連絡先(郵便番号,住所,電話番号,FAX番号,E-mailアドレス)

※ 発表の採否につきましてはシンポジウム実行委員会に御一任ください.9月中旬までにご連絡いたします.

 

講演原稿締切日20191015日(火)

様式については,発表採否の連絡時にご案内する書式を参照の上で作成してください.

A4 サイズ 2頁〜6頁とします.

 

申込先

18回評価・診断シンポジウム実行委員会

大阪市立大学大学院 工学研究科 機械物理系専攻 高田 洋吾

E-mail: takada@eng.osaka-cu.ac.jp

開始時間 09時00分
定員数 150人
担当者 ohta  登録日時 2019/10/1 10:10 (280 ヒット)

                                          令和元年927

 日本設備管理学会会員各位

日本機械学会

診断・メンテナンス技術に関する研究会

主査  川合忠雄(大阪市立大学)

日本設備管理学会

最新設備診断技術の実用性に関する研究会

主査  陳山 鵬(三重大学)

日本トライボロジー学会

メンテナンス・トライボロジー研究会

主査  本田知己(福井大学)

 

第12回 メンテナンス分野合同研究会 開催案内

 第12回 メンテナンス分野合同研究会開催案内ここからダウンロード

拝啓  時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は研究会の活動に格別のご高配を賜り、ありがとうございます。

このたび、「診断・メンテナンス技術に関する研究会」、「最新設備診断技術の実用性に関する研究会」、「メンテナンス・トライボロジー研究会」は下記のとおり合同の研究会を企画いたしました。

多くの方をお誘い合わせのうえ、ぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。   敬具

 

 

 時:令和元年(2019年)1024日()、25日(

 

会 場石川県地場産業振興センター 新館2階 第10研修室

石川県金沢市鞍月2丁目1番地

【アクセス】

北鉄バス​:JR金沢駅金沢港口(西口)から約20

6番乗り場から工業試験場または消費生活支援センター行きに乗車/工業試験場下車

タクシー​:JR金沢駅金沢港口(西口)から約10

https://www.isico.or.jp/site/jibasan/jibasan-access.html

10研修室

https://www.isico.or.jp/site/jibasan/rental-kensyu10.html

 

見学先:下記の2機関のどちらかをご見学いただけます。ご希望をお知らせください。

なお、お申し込みいただいた人数に依りましては、割当を調整させていただくこととなり、

ご希望に添えない可能性がございますことをご承知置きいただければ幸いです。

(1) 高松機械工業株式会社様(石川県白山市旭丘1-8

※同業他社の方はお断りする可能性がございますことをご承知おきください

※会場からチャーターバスで移動いたします

(2) 石川県工業試験場様(石川県金沢市鞍月2-1

【内容】

話題提供:

·「レーザー肉盛技術」(同所が中心に開発したマルチビーム式のレーザー肉盛装置の紹介)

施設見学:

·「3Dモノづくりラボ」(3Dプリンタを核としたデジタルものづくり装置)

·「AI·IoT技術支援工房」(中小企業向けに位置検知や装置の異常検知などをデモ)

·その他装置(XCT装置、振動試験機など)

※会場から徒歩で移動いたします

会 費講演会・見学(無料)、技術懇談会(4,0005,000円程度)

 

申込締切1011()

 

申込・連絡先

○診断・メンテナンス技術に関する研究会

   東芝産業機器システム株式会社 平手利昌

   E-mail: toshiaki.hirate@toshiba.co.jpTel: (050)3191-1440

 

○最新設備診断技術の実用性に関する研究会

  国立研究開発法人 水産研究・教育機構 水産大学校 海洋機械工学科 椎木友朗

     E-mail: shiigi@fish-u.ac.jpTel: (083) 227-3903

 

○メンテナンス・トライボロジー研究会

  国立研究開発法人 産業技術総合研究所 製造技術研究部門 間野大樹

 E-mail: hiroki.mano@aist.go.jpTel: (029)861-7139

開始時間 09時00分
定員数 100人
担当者 ohta  登録日時 2019/5/14 14:12 (377 ヒット)

                                                                                                                       2019年4月25日

一般社団法人 日本設備管理学会 2019年度 代議員選挙結果                                                 

 

                                                                                     選挙管理委員会                                             

2019年度代議員選挙の当選者は以下の通りご報告致します。                                                              

有権者数: 288名                                                                
投票総数: 181票                                                                
有効投票数: 181票                                                            
代議員定数: 29名                                                                
候補者数: 29名                                                                   
当選者数: 29名           

支部

定数

氏名

所属

東北

2

斉藤 耕治

秋田県産業労働部

嶋崎 真仁

秋田県立大学

北信越

2

南保 英孝

金沢大学

林 貴宏

関西大学

関東

9

青木 良太

 日産自動車()

 大嶋 昌巳

 千代田化工建設()

大友 浩司

三木プーリ(株)

小林 洋

日産自動車()

鈴木 淳

獨協大学

眦帖‐融

早稲田大学 

滝 聖子

千葉工業大学

松本 俊之

青山学院大学

山田 哲男

電気通信大学

東海

8

荒川 雅裕

名古屋工業大学

杉谷 卓志

荒川工業()

中山 慎司

中山水熱工業()

萩原 正弥

名古屋工業大学

橋本 芳宏

名古屋工業大学

藤井 彰

日本製鉄()

藤山 一成

名城大学

  健二

愛知機械工業(株)

関西

4

奥村 進

滋賀県立大学

木村 圭志

阪急電鉄(株)

増田 新

京都工芸繊維大学

皆川 健多郎

大阪工業大学

西部

4

太田  博光

水産大学校

谷岡  一夫

三菱ケミカル(株)

柘植 義文

九州大学

  信芳

()高田工業所

開始時間 14時00分
定員数 29人
前のイベント 次のイベント