トップ  >  委員会(第1部会)

平成25年度 第1部会   部会長: 陳山 鵬(副会長)

会員増強委員会

1.趣旨
本学会においては、平成21年度のリーマンショックによる経済不況の影響により、賛助会員および正会員の退会が相次ぎ、当年度では約80万円の赤字決算となった。そのため平成22年度の支部交付金(190万円)はなしという非常措置がとられた。その後、研究発表大会の黒字化(30万円)および遠隔会議による旅費節約(45万円)等の努力により、平成23年度では支部交付金は50%(平成22年度対比)を捻出することができた。しかしながら、平成23年5月2日(月)現在における会員数は489名(正会員430名、准会員21名、賛助会員27名、名誉会員6名、寄贈会員5名)である。これは過去最多であった平成20年と比較して、約180名の減少であり、依然として学会運営は厳しい状況にあると言える。したがって、今後の学会運営を考慮すれば会員数の復元は急務の課題であり、このことを実現するために会員増強委員会が設置された。
 
2.目標
 平成25年までに過去最多であった668名(平成20年)を目標として、約180名の増員を目指す。
 
3.開催
 地域連携委員会と同時開催を原則とする。
 
4.検討内容
 (1) 研究発表大会への非会員の参加数の増加
‖廠惷┣颪箸龍ζ嘘催 ⊇元厠呂里△詁段鵡岷蕁⊂径垤岷蕕隆覯茵´H鷁餔の参加者への入会勧誘への仕組み
 (2) HP、メルマガ、学会誌への見直し
HPの整備 非会員のアドレスの収集 3慍饂錣鯊膤愿に寄贈
(3) 退会防止の仕組みづくり
 _馮颪亮動振込 会費滞納者リストの処理 B牴馥呂出された場合の処理
 ぐ貳娘卉痛/佑悗PR
(4)会員であることのメリットの充実 
ヽ慍饂錣悗良娉嘆礎佑慮上 研究発表内容の検討 9崕会や講演会の開催
(5)Fellow制度(仮称)の設置
 
5.平成25年度の委員会メンバー
 委員長    :奥村 進(会長)
 副委員長:石川君雄(総務担当理事)、
 副委員長:鎌田 悟(東北支部長)
 委員        :若槻 茂(理事)
 委員        :小越康宏(北陸信越支部長)
 委員        :高田祥三(関東支部長)
 委員        :橋本芳宏(東海支部長)
 委員        :奥村 進(関西支部長)
 委員        :柘植義文(西部支部長)
 

編集委員会

    1.活動内容
学会で発行する会誌の編集を担当します。

    2.平成25年度の委員会メンバー
委員長:鈴木 淳(理事) 副委員長:大藪 多可志 幹事:(委員より選出予定)
編集委員(予定):陳山 鵬、辻村 泰寛、南保 英孝、福田 康明、藤川 裕晃

    3.平成25年度活動計画
・Vol.25,No.1(平成25年年5月発行)
・今後、3回(9月、11月、2月)刊行を予定



広報委員会

    1.活動内容
        学会の活動を学会員ならびに社会一般に伝える役割を担う。
        具体的な活動内容。
         会員向け:メールマガジンの発行
         広報活動:学会紹介小冊子の作成、HPの作成および更新

    2.平成25年度の委員会メンバー
        委員長:太田博光(理事)
        委 員:立野繁之(HP管理専門委員会委員長)、河部佳樹(GEエナジー・ジャパン)、 森 圭史(株式会社 トクヤマ)

    3.平成25年度活動計画
        ・学会紹介冊子の発行
        ・メルマガの発行(毎月)
        ・HPの更新

 研究委員会

    1.活動内容
      日本設備管理学会としてふさわしい研究テーマを選定し、研究会としての活動を推進する役割を担っています。

    2.平成25年度メンバー
        委員長:太田博光(理事)
        委 員:伴 浩美(環境・福祉と設備管理研究会:福井工業大学)
            奥村 進(リスクベースメンテナンス研究会:滋賀県立大学)
            玄光男(改善技術研究会:(財)ファジィシステム研究所)
            陳山 鵬(最新設備診断技術の実用性に関する研究会:三重大学)
               石川君雄(改善知識研究会:国際経営技術研究所)     

 3.平成25年度活動計画   

 

学会賞委員会

    1.活動内容

設備管理に関する優れた業績や研究を表彰し、その功績を讃える活動を行います。
ものづくり大賞:ものづくりの活性化並びにレベルアップの範となる優れた企業、工場、部門又は個人を表彰します。
論文賞:日本設備管理学会誌に掲載された設備管理に関する優れた論文を表彰します。

    2.平成25年度メンバー
委員長:若林 利明(理事)

    3.平成25年度活動計画
(1)ものづくり大賞
活動方針:平成25年度ものづくり大賞を公募し、新たな設備管理技術でものづくりに貢献した企業・個人を表彰する。
日   程:平成25年10月末  応募締め切り
平成25年11から12月  現地審査
平成25年度総会  表彰

(2)論文賞
活動方針:平成25年度中に学会誌に投稿された論文から優秀な論文を論文賞として表彰する。
日   程:平成26年3月頃 論文賞候補論文の選定
平成25年度総会 表彰

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:83 平均点:5.06
前
組織構成
カテゴリートップ
学会案内
次
委員会(第2部会)