トップ  >  最新設備診断技術の実用性に関する研究会  >  最近の活動報告  >  平成26年度  >  平成26年度 第3回 最新設備診断技術の実用性に関する研究会

   日本設備管理学会 会員 各位

 

  一般社団法人日本設備管理学会
「最新設備診断技術の実用性に関する研究会」
主査 陳山 鵬(三重大学大学院生物資源学研究科)
 
平成26年度 第3
回「最新設備診断技術の実用性に関する研究会」開催のご案内
 
拝啓
 時下ますますご清祥の段,お慶び申し上げます.平素は当会に対しまして格別のご高配を賜り,厚くお礼申し上げます.
さて,標記研究会を下記の要領にて開催いたします.つきましては,業務ご多忙中誠に恐縮に存じますが,是非ご出席賜りますようお願い申しあげます.
当日の御出欠につきましては,同封の出欠連絡票を記入されFAX 083-286-7433(幹事 水産大 太田 宛て),もしくはE-mail:ohta@fish-u.ac.jpへ3月6日(金)までにお知らせ下さいますようお願い申し上げます.
敬具
 
1.        日時:2015年 3月 12日 (木) 13時00分〜16時50分       
 
 
2.        場所: 八幡西生涯学習総合センター 204会議室 (コムシティ3階)
(〒806-0021 福岡県北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号)
         TEL 093-641-9360  FAX 093−641-9332
 
      懇親会: 17時30分〜
炭火焼だいにんぐ「わたみん家」黒崎コムシティ店
       (〒806-0021 福岡県北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ1階)
       TEL 093-644-3038, 会費: 研究会会員 無料, 会員外3,500円 当日徴収いたします
 
3.        アクセス  添付の地図を御覧ください .申込&問合せ担当:(独)水産大学校海洋機械工学科 太田 博光 (研究会副主査・幹事),       
TEL 083-286-5111 EXT.275,FAX 083-286-7433 E-mail:
ohta@fish-u.ac.jp
研究会開催案内ダウンロード
 
 
4.        議事:集合時間:12時50分 開始時刻:13時00分
(1) 開会の挨拶                              
陳山 鵬 (三重大学大学院 研究会主査)
 
 (2)最新の回転機械の予知保全技術の紹介」                             
     講演者:豊田 利夫 氏 (日本診断工学研究所)
     講演要旨:前半でスマートモニタリングや省エネルギー診断などの最新の予知余喘技術を紹介し,後半では日本発の保全戦略として海外で実用されている「細身のメンテナンスLM(Lean Maintenance)」の内容を紹介する.本保全戦略LMは日本プラントメンテナンス協会JIPMの主要経営内容である全員参加の予防保全TPMの海外向けの改良版で,日本古来の現場保全5S活動(5S 整理、整頓、清掃、清潔、躾)を中心とした保全方式である.TPMは豊田自動車(株)の電装品製造の系列会社である日本電装(株)で創始された保全方式であり,ここでは主として海外での「細身のメンテナンスLM」の活用状況などを紹介する.
 
 
 (3)休  憩                                   
 
(4) 2014年度 設備保全・診断技術に関する研究活動・成果報告                                                        
講演者: 陳山 鵬  (三重大学大学院 生物資源学研究科)
講演要旨:三重大学大学院 陳山研究室では、2014年度にも設備保全・診断技術に関する基礎
・応用研究を精力的に行い,また,数社の企業と共同研究も行っている.本講演ではこの1年間の研究活動の内容・成果について報告する.
 
 
(5)  回転機器診断音響特徴量抽出手法                                    
講演者峰村 今朝明 氏 ((株)日立製作所 日立研究所)
      講演要旨:回転機械稼働率維持に向けた診断が取り組まれている.直接センサを取り付けることが難しい
機器の診
断に向けて,非接触である音響センサを用いた診断手法の開発を行っている.音響
センサにて計測される
機械音は,回転数と機器構造等由来の特徴との畳み込みとなることに
着目した音響特徴量を抽出する手
法について述べる.
 
(6) 休  憩                                      
 
(7) 送風機の設備管理の現状について                        
講演者:山内 俊英( 昭和風力機械(株) )
講演要旨:送風機は、あらゆる業種、用途に広く使用されており中には重要役割を果たしているケースも多くある.一般に送風機の状態管理は振動値,軸受温度,電流値程度で判断することが多く,高度な測定,分析などは大手企業を除きあまり行われていない.中小の多くの企業では送風機の運転状態管理をされていないのが現状である.当社では送風機の付帯機器として振動,温度等を常時自動監視し,知らせる低価格なシステムを開発し販売しているので紹介する.
 
(8) 製鉄プラントにおける回転機械の設備診断事例」                 
             講演者:中村 孝博 氏 ((株)高田工業所 技術本部 技術部回転機械診断グループ)
講演要旨:高田工業所の設備診断チームが実施した「ある製鐵プラントにおける回転機械の典型的な簡易診断,精密診断,バランシング」事例を紹介する.
 
(9) 来年度の計画,交流                                             
陳山 鵬 (三重大学大学院 研究会主査)
 
(10)閉会の挨拶
陳山 鵬 (三重大学大学院 研究会主査)
                                              以上
 
懇親会  炭火焼だいにんぐ 「わたみん家」黒崎コムシティ店                  17:30
 
     
    質疑時間での活発な議論        研究会後の懇親会
 
本日の研究会参加者数:28名
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:33 平均点:4.24
前
平成26年度 第2回 最新設備診断技術の実用性に関する研究会
カテゴリートップ
平成26年度